コラーゲンの誕生

コラーゲンとは、骨や軟骨、肌を作り出すために必要なタンパク質のことです。 私たち人間の身体の中には、タンパク質がおよそ3割ほどもあるといわれています。 コラーゲンは、身体の中の成分としてだけではなく、身の回りにも多く見られます。 例えば、食品の中や、薬や化粧品などです。 年齢と共に減少していくとされている体内のコラーゲンを、こうしたものを取り入れることで補うことができるのです。

 

コラーゲンが世の中に初めて誕生したのは、何億年も前の原生代だと言われています。 コラーゲンを作りだすためには、大量の酸素が必要です。 しかし原世代には高濃度な酸素はありませんでした。 そのために、ほとんどの生物が単細胞生物で終わってしまいました。

 

時代が進んで、天候の変化によってたくさんの酸素が作られるようになってきました。 それで、単細胞生物がコラーゲン生産をすることができるようになったのです。 この結果として単細胞から多細胞に変化したといわれています。

 

そして、現代ではコラーゲンはお肌に非常に良いといわれています。 健康食品から摂取することによって、お肌のハリや弾力を手に入れることができるようになったのです。 コラーゲンというのは、こうした長い歴史の中で、生み出された昔から欠かすことのできない成分なのです。